商品の値段を上げられない時の3つの考え方

商品の値段を上げたいけれど、
どうやって価格を決めたらいいのか?
そんなお悩みの相談を受けることが多いです。

そもそも値段を上げる際に、
・お客様が来なくなってしまうのではないか?
・高額の商品を売る自身がまだ無い
という不安が出てきてしまうことがあるようです。

今日は安い値段で商品の提供をし続け、
売上が上がらず困っている方に向けて、

商品の値段を上げられない時の3つの考え方

をお伝えします。
ぜひ最後までお付き合いくださいね。

商品の値段が上げられない理由

商品の値段が上げられないというのは、
スキルの問題もそうなのですが、
そもそもその原因がマインドにあることがほとんどです。

では、値段を上げたいのに上げられない人が陥る
考え方を2つご紹介します。

値段が上げられない理由その1:お客様が来なくなってしまうのではないか?

こんな質問を本当によくいただきます。

クライアント
値段を上げたら、お客様が来なくなってしまうのではないかと不安です・・・

まぁ、無理もありませんね。
だって、普通は価格競争に巻き込まれて
値段を下げないと生き残れない、みたいな風潮がありますから。

でも、本当にそうなのでしょうか?

私は少なくとも値段を上げて
お客様が来なくなったことはありません。

むしろ、値段を上げた現在の方が、
お客様にたくさんお越しいただき、
売上も上げやすい状態になっています。

お客様は本当にあなたの「値段」を重要視して
商品を買っているのでしょうか?

もしそう思うのでしたら、
ちょっと注意が必要かもしれませんね。

値段が少しでも安いところへ、
と価格で比較するお客様は
基本的に情報弱者層とい言って、
クレームに繋がることが多いと言われています。

低価格で高品質を求めるのはおかしな話です。

値段で勝負しようとすると、
このような情報弱者層を集めることになってしまい、
ますます苦しいビジネスを強いられることになります。

値段が上げられない理由その2:高額の商品を売る自身がまだ無い

これもよくあるご相談です。
先日もこのお悩みで私のところへいらした方がいます。

リンパケアをされているクライアントさんでしたが、
まだまだ技術が足りず、(と本人が思っているだけ)

クライアント
私実績がまだそれほどないので、高額の商品を売る自身がありません・・・

とおっしゃっていたのです。

もちろん値段に見合った技術がないのに、
高額商品を売ることはちょっと考えものですね。

でも、技術でまだ自信がないなら、
別の方法で勝負すればいいと思います。

その方法をご紹介しますね。

考え方その1:実績が足りないなら期間で勝負!

まだ起業したてで、
実績がないクライアントさんには

長友あづさ
実績がなくて不安なら、期間で勝負したらどうですか?

とご提案しています。

例えば私のクライアントの多くは、
自分のサービスを半年間で30万円程度で販売している方が多いです。

でも半年で30万円をいただく自信がないなら、
1年に伸ばしてみたらいいのです。

そして、徹底的にお客様に寄り添い、
その方の悩みや不安が解決するまで
しっかりとフルサポートして差し上げればいいのです。

長い期間お客様と接触できることで、
信頼関係も深まり、
お客様満足にも繋がりますよ!
もちろん、お客様の問題解決をしてあげられれば、の話ですが。

考え方その2:実はお客様は商品の値段で選んでいるのではないと知る

先にも書いたように、
値段で選ぶという一定の情報弱者層
という客層が存在することは事実です。

しかし、価格競争に巻き込まれ、
この層のお客様ばかりが来るようになると、
結局クレームの温床になりかねません。

私のクライアントでも、
5000円の施術サービスを、4500円に下げたら、
途端にクレームが増えたという方がいらっしゃいました。

ですから、無意味な値下げは危険です。

むしろ、値段を上げていくことで、
商品価値をしっかり認め、
長くお付き合いしてくださるお客様に恵まれるようになります。

値段を上げることは勇気がいることかもしれませんが、
やはり、生き残りを考えるのであれば、
絶対に値下げより値上げの方が理にかなっています。

仮に5000円の商品を1万円にして、
お客様が半分になっても、
売上は変わりませんよね?

少ない人数でも質をまず上げ、
お客様満足を上げることに専念した方が、
長い目で見ればメリットは大きいことは
火を見るよりも明らかです。

考え方その3:商品価格はあなた自身の値段と心得よう!

一番覚えておいてほしいことです。

値段とは、商品価格であると同時に、
あなた自身の値段でもある
ということです。

大手メーカーの商品ならまだしも、
私たちは個人でビジネスをしています。

お客様と1対1で接し、
心を込めてサービスを行うのですから、
あなた自身が「商品」となるように
自己開示をしたり、
個性を発揮する関わり方や見せ方は
今後のビジネスで生き残るための
必須条件ではないかと
私は考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

商品やサービスが溢れる現代で、
私たちのような個人事業者は、
もう商品の質や値段で勝負することは
時代遅れだと感じています。

そんなことよりも、
もっとあなたらしさを全面に出し、
商品の付加価値として
「あなた自身」
が評価されるようなあり方が
今のビジネスには求められています。

ありきたりな商品を
値下げなどで価格競争に巻き込まれることなく、
お客様に喜んでいただき、
しっかり売上を上げる方法は

どうやったらお客様が笑顔になるのか?

を徹底的に考え抜き、
あなた自身の個性を全面に出した
ユニークな商品を提供できるようになると、
二度と値段が上げられない
などという悩みからは解放されることになるでしょう!

PS
私自身が具体的にどのように商品の値段を上げ、
安定的な売上を構築できるようになったのか?

価格設定のことなども詳しく解説している
私の新しい企画がまもなくリリースします。

こちらにご登録しておいてくださいね

↓ ↓

長友あづさの公式メールマガジン

The following two tabs change content below.

長友あづさ

ライフデザインコンサルタント/起業コンサルタント/ブランディングプロデューサー 家族を犠牲にせず、時間や場所にも縛られず、女性らしく自立する。そんな新しい働き方を応援しています! これまでのべ300名以上の女性のコンサルティング、プロデュースを手がける。

自分がどんなパターンの起業家かがわかる無料電子書籍「女性起業家パターン別診断シート」無料でプレゼントします!

「自分の強みを生かした仕事ってなんだろう?」

「今の仕事が自分にとっての最適なんだろうか?」

もし今あなたがそんなことを感じているなら今すぐ自分の起業家タイプを診断してみてください。
自分にとって無理のない働き方がチェックシートを使って学べる無料講座です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフデザインコンサルタント/起業コンサルタント/ブランディングプロデューサー 家族を犠牲にせず、時間や場所にも縛られず、女性らしく自立する。そんな新しい働き方を応援しています! これまでのべ300名以上の女性のコンサルティング、プロデュースを手がける。